バックナンバー

バックナンバーをご希望の方は、風編集室までお問い合わせください。
2014年以前のバックナンバーは1冊500円+送料でお送りいたします。(在庫がない号もあります)

2015年以降のバックナンバーは1冊1000円+送料でお送りします。

尚、イエズス会聖三木図書館には全号が所蔵されています。
東京都千代田区麹町6-5-1 岐部ホール(イエズス会日本管区本部)2F
Tel:03-3262-0364 (聖イグナチオ教会の隣、会員制(有料))

HP : http://www.jesuits.or.jp/~j_seimikibun/

Facebook : https://www.facebook.com/聖三木図書館-109279983121068/

103号 <『沈黙』原作と映画・特集Ⅱ>

2017年秋

 

<遠藤周作『沈黙』とスコセッシ「沈黙―サイレンス―」をめぐる三つのエッセイ>

l  原作者の『沈黙』に込めた思い

l  映画「沈黙―サイレンス―」を見て

l  遠藤周作の「志」を受け継いだスコセッシ監督

山根道公

鼎談<遠藤周作 『沈黙』 と井上洋治 『日本とイエスの顔』:根底にある東西の思想をめぐって>

若松英輔×山根道公×山本芳久

映画「SILECE」にみえるもの

藤井美恵子ほか

苦しみの意味:『沈黙』と私の体験

竹原陽子

小説『沈黙』の肝、「切支丹屋敷役人日記」を読む

兼子盾夫

遠藤周作『沈黙』における同伴者への「渇き」

山根息吹

<書評>マコト・フジムラ『沈黙と美 遠藤周作・トラウマ・踏絵文化』                         

兼子盾夫

<書評>もうひとつの世界への入口:若松英輔詩集『見えない涙』を読んで

服部剛

<聖書講座「風の家」三十一周年記念>

「プネウマ(聖霊・風・息吹)」を実感するために─井上神父・遠藤周作・シスター渡辺の場合

山根道公

<シスター渡辺追悼Ⅱ>ほほえみの人:Sr.渡辺和子様

竹原陽子

<「風」アーカイブス>井上神父の主日の説教を聞く

山根知子

アッバ讃句コーナー

平田栄一

井上神父の言葉に出会う(四二)

平田栄一

風編集室だより

山根道公

 

102号<『沈黙』原作と映画特集>

第102号 2017年春

<内容紹介>

踏むがいい   

井上洋治

対談 映画「沈黙ーサイレンスー」と原作をめぐって

若松英輔×山根道公

座談会 井上洋治と遠藤周作―『沈黙』原作と映画をめぐって

山本芳久×若松英輔

×平田栄一×山根道公

二つの映画「沈黙」と「サイレンス」―「死んだ男の残したものは?」

兼子盾夫

キアラ神父の足跡―切支丹屋敷巡礼記

服部 剛

遠藤周作・長崎・キリスト教文学

山根道公

遠藤周作『沈黙』における婚姻神秘思想

山根息吹

 

風101号

第101号 2016年 秋

風のなかの祈りの詩

 苦しみのなかでの祈り

 陽だまりの小聖堂/手をあわせると

 

井上洋治

奈 菜

没後二十年遠藤周作特集

 遠藤氏の求めるもの

 遠藤周作と井上洋治―21世紀への遺言

 遠藤周作と井筒俊彦(下)

   ―物語はどこにあるのか

 遠藤文学『死海のほとり』を読む(2)

 

井上洋治

山根道公

若松英輔

 

山根息吹

井上神父を語る「思い出」はアッバさまの懐に

「風」アーカイブス

 井上神父のキリスト教相談室

 井上神父の主日の説教を聞く

「風」のブックレビュー

 若松英輔『イエス伝』

 『井上洋治著作選集』全五巻

南無アッバと南無イエス(4)

アッバ讃句コーナー

井上神父の言葉に出会う(41)

野村英夫が愛したカトリック詩人

  フランシス・ジャム

   ―今日も、お告げの鐘は鳴っている 

野町曄子

 

井上洋治

山根知子

 

江見卓司

兼子盾夫

藤原直達

平田栄一

平田栄一

服部剛

 

 

 

 

『風』100号・「風の家」創設30年記念号

第100号 2016年 春 (187ページ)

『風』100号に寄せて

 井上洋治未発表エッセイ

 母性的宗教としてのキリスト教

  ー阪田寛夫『バルトと蕎麦の花』をめぐって

山根道公

井上洋治

 

 

『風』100号・「風の家」創設三十年

 記念エッセイ《井上神父を語る》

細川俊夫

山崎陽子

町野曄子

安岡治子

玉置晶子

今井真理

西井愛子

中田きぬ子

金尾裕子

高橋恵

降矢トヨ

鳥谷部森

小野和子

江見卓司 

私の信仰

井上神父の主日の説教を聞く

南無アッバと南無イエス(3)

アッバ讃句コーナー

井上神父の言葉に出会う(40)

野村英夫

―四季派カトリック詩人の面影を求めて

対談 遠藤周作と聖き人びと

―母・郁から吉満義彦、原民喜、井上洋治まで―

遠藤文学を読む(1)

 『死海のほとり』13章を中心に

遠山一行

山根知子

藤原直達

平田栄一

平田栄一

服部剛

 

若松英輔×

山根道公 

山根息吹

 

第99号 2015年 秋 (156ページ)

井上洋治未収録エッセイのひろば(3)

 生と死―大好きな人から頼まれた買い物

 『余白の旅』出版記念講演

     ー日本文化とイエスの福音

 ローマ法王離日のあとに

 『火の聖女』のこと―森英介の信仰と詩

井上洋治

解説:

山根道公

 

 

 

井上神父の主日の説教を聞く

「キリスト教概説」講義(13)

南無アッバと南無イエス(2)

アッバ讃句コーナー

井上神父の言葉に出会う(39)

神秘を視るひとー井上神父から手渡された詩集

    森英介『火の聖女』に寄せて

〝進行の人〟―押田成人神父と『白い鹿』

遠藤周作と井筒俊彦(上)

    ―物語はどこにあるのか

山根知子

井上洋治

藤原直達

平田栄一

平田栄一

服部剛

 

石井智恵美

若松英輔

 

第98号 2015年 春

井上洋治神父・帰天一周年命日祭 式文

 

井上洋治未収録エッセイのひろば(2)

心の重荷を理解する

遊牧民の少女

書評『沈黙への旅』―「東方教会」の霊性入門

日本文化の底流と通じあう東方教会の霊性

井上洋治

 

 

 

 

南無アッバと南無イエス

「キリスト教概説」講義(12)

慈悲を生きる―井上洋治と南無の詩学

詩集『火の言葉』を読んで―炎の後に残るもの―

アッバ讃句コーナー

井上神父の言葉に出会う(38)

井上神父の主日の説教を聞く

瀬長さんの献身を踏み石として

藤原直達

井上洋治

若松英輔

服部 剛

平田栄一

平田栄一

山根知子

伊藤幸史