風の家の講座・行事

<済>山根道公(風編集長)の講演

東京・信濃町の真生会館のリニューアル3周年を記念して行われる「真生会館感謝の集い」にて、山根道公先生が記念講演をすることが決まりました。

当日のプログラムは以下の通りです。

 

日時:10月5日(土)11:00~15:00

場所:〒160-0016 東京都新宿区信濃町33-4 真生会館3階ネランホール

11:00~12:00 感謝ミサ(司式:森一弘司教)

13:30~15:00 記念講演「八木重吉の詩と信仰:秋のうつく美しさに耐えかねて」(山根道公先生)

参加費:無料

 

※風の家の行事ではありません。詳細やお問い合わせは真生会館にお願いいたします。

真生会館ホームページ

http://www.catholic-shinseikaikan.or.jp/news/1400

 
 

 

<済>【対談】伊藤神父×山根道公「日本的宗教性における詩と自然」

 

日時:6月8日(土) 15:00(伊藤神父によるミサ後)~1630

 

場所:ニコラ・バレ9

参加費:無料(事前申し込み不要)

 

<講師からのメッセージ>

『井上洋治全詩集』の刊行を記念し、『風(プネウマ)』106号(5月発行予定)では特集「日本的宗教性における詩と自然」を企画しております。風の家の祝日(聖霊降臨の祝日)の記念として、井上神父の詩集と『風』106号をテキストにした対談を行います。

<済>【対談】若松英輔・山本芳久「『キリスト教講義:文学篇』 神学と文学のあいだ――アウグスティヌスの生涯とその哲学」

 

日時:329日(金) 19002030

 

場所:ニコラ・バレ9

 

参加費:1000円(学生半額) 事前申し込み不要

 

 

<講師からのメッセージ>

アウグスティヌス(354-430)は、古代キリスト教界最大の教父であるのみではなく、中世を経て現代に至るまで、哲学や神学に多大な影響を与え続けている巨人です。とりわけ、自伝的著作である『告白』は、キリスト教の生んだ最大の文学作品の一つと言って過言ではありません。今回のイベントでは、『告白』を手がかりとしながら、「神学」と「文学」の接点を探りつつ、キリスト教の本質を浮き彫りにしていきます。