風の家*月曜講座

このページには、風の家主催の月曜講座の情報を掲載いたします

※「お知らせ」ページにも同じ内容を掲載する場合がございますので、ご了承ください。

【10月スタート!】秋からの「風の家」月曜講座


遠藤周作は、井上洋治神父の最初の著書『日本とイエスの顔』が刊行された時、次のように語っています。

 

「自らの作品のなかにあるものは―自分にはそれが書かざるをえない気持がありながら―神学者や司祭に裏うちされない寂しさをいつも抱いてきたのである。そんな私にとって、井上神父の「日本とイエスの顔」は大きな慰めとなる。強い支えとなる。…少なくとも私は自分の「沈黙」や「死海のほとり」「イエスの生涯」の裏づけとなる神学的理論をこの本の随所に見出すことができるのだ。彼と私とが登ってきた路は神学と文学という路であったがあの仏蘭西に向う船の四等船室ではじめて顔をあわせてから二十数年、相似たもの、相交わるものをいつの間にか持てたような気がするのだ。」

 

こうした遠藤作品と井上神父の著作との関係は、井上神父の『日本とイエスの顔』以後の著作についてもいえることで、そうした著作を取り上げ、遠藤作品とその裏づけるとなる井上神父のキリスト教思想・神学の思索の源泉をめぐって、東西の多様な思想も幅広く紹介しながら、両者の相交わるものを探り、さらに現代日本において私たちがそれをどのように受けとり、生かしていくことができるか、語り合います。

 

会場…幼きイエス会9階 

時間19時~20時半

講師…「風の家」出身の4人の講師のうち2ないしは3名が担当します。*講師陣のプロフィール紹介はこちら

日程とテーマ…第1回、第2回、以下のように決定。

3回以降の講師・内容は、決定次第、お知らせいたします。

 

1.10/9<済> 遠藤周作『沈黙』と井上洋治『日本とイエスの顔』(『井上洋治著作選集1』)…山根道公・山本芳久・若松英輔

・両作品の根底にある、日本人の心の琴線に触れるキリスト教の在り方を求めて渉猟した東西の思想に注目します。

 

2.11/13 遠藤周作『イエスの生涯』と井上洋治『わが師イエスの生涯』(『井上洋治著作選集4』)…若松英輔・伊藤幸史・山本芳久

・若松英輔著『イエス伝』も取り上げ、現代日本において〈イエス 伝〉を読む意味を考えます。

 

3.12/11 遠藤周作「作家の日記」「ルーアンの丘」と井上洋治『余白の旅』(『井上洋治著作選集2』)

 

4.1/15 遠藤周作『キリストの誕生』と井上洋治『キリストを運んだ男』(『井上洋治著作選集3』)

 

5.2/12 遠藤周作『深い河』と井上洋治『遺稿集「南無アッバ」の祈り』(『井上洋治著作選集5』)